Read more

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Read more

CONTENTS

各会場共に展示期間を終了致しました。ご来場ありがとうございました。(2010年4月4日)島根県大田市・三瓶山各地で取り組まれる「さんべ・山のひな祭り」の様子をレポートします。また、三瓶温泉や三瓶蕎麦、お食事・お土産処など、「山のひな祭り」と合わせてお楽しみ頂きたい「三瓶のお勧めスポット情報」もご紹介!コンテンツの各タイトルをクリックしてご覧ください。「さんべ・山のひな祭り」についてお雛さまが楽しめ...

Read more

【北三瓶】 人気のスポット

大自然の神秘に触れるミュージアムなど、北三瓶エリアの人気スポットをご紹介します。 島根県立三瓶自然館サヒメル三瓶山の自然すべてを展示物とし、フィールドミュージアム化を実現する中核施設。大山隠岐国立公園三瓶山地区のビジターセンターとしての機能を併せ持っています。・5月31日まで、春の企画展「世界のチョウ~大空を舞う妖精たち~」開催中!・3月27日、最新ハイブリッド型プラネタリウム登場!場所:島根県大...

Read more

【志学】 三瓶温泉街のお土産処

公衆浴場「鶴の湯」のある三瓶温泉街。鄙びた町並みのお土産処をご紹介します。[三瓶温泉街のマップはコチラをクリック]日高恵比須堂甘すぎないこし餡を、蕎麦が香るしっとりとした生地で包んだ三瓶名物そばまんじゅうを製造・販売。きんつばも人気です。場所:島根県大田市三瓶町志学電話:0854(83)2430営業:午前7時~午後7時/1月1~3日は休業大谷商店地元で愛される食品店。お土産には、お店の自家製「わさび...

Read more

【志学】 三瓶温泉街のお食事処

公衆浴場「鶴の湯」のある三瓶温泉街。鄙びた町並みのお食事処をご紹介します。[三瓶温泉街のマップはコチラをクリック]霧の海食堂 きっ川壮大な雲海を眺めることが出来る洋食屋さん。イチオシのジンギスカンをはじめ、昔ながらのオムライスも人気のメニューです。場所:島根県大田市三瓶町志学ロ934-1-1電話:0854(83)2130営業:午前9時~午後11時/元旦休業Voice Cafe 岳人(がくと)公衆浴場「鶴の湯」のお...

Read more

【三瓶山全域】 名物・蕎麦処

豊かな風味と食感が人気の、名物・さんべ蕎麦がお楽しみ頂けるお店をご紹介します。そば工房 木の香(このか)三瓶蕎麦にとことんこだわった、通も納得のお店。風味豊かな三瓶在来種のお蕎麦が戴けます。場所:島根県大田市三瓶町志学ロ347-1電話:0854(83)2813営業:午前11時~午後3時(夜は予約のみ)/祝日を除く火・水・木曜は休業※メニューやマップなど、詳しくはお店のオリジナルサイトをご覧ください[オ...

Read more

【三瓶山全域】 名湯、秘湯

三瓶山には、知る人ぞ知る名湯・秘湯が点在。宿泊施設の日帰り利用も出来ます。四季の宿 さひめ野四季折々のお料理が人気の温泉旅館。すべての客室から雄大な中国山地の大パノラマが望めます。温泉はもちろん、高い薬効で知られる三瓶温泉。清潔な内湯に露天風呂が備わり、宿泊の他、旅館ならではの日帰り入浴プランも充実しています。館内にはかわいいお雛さまも展示されています。場所:島根県大田市三瓶町志学2078-2 [マ...

Read more

【北三瓶】 山口町郷土館

年代物の御殿飾りや土天神(どろてんじん)が、山口町郷土館にも飾られているとの知らせが届きました。土天神とは、池田まちづくりセンターに飾られている雛天神と同じく、男の子版の雛人形です。郷土館内の説明版には、次の通りに紹介されています。…土天神は出雲地方の雛節句に男の子のために飾られた。江戸の初期から明治の三十年頃まで、その後衣装をつけた天神の流行につれて大正時代には姿をけした。もと農家の神で天体気象...

Read more

【北三瓶】 三瓶こもれびの広場 木工館

簡単な工作から本格的な家具作りまで、様々な木工体験ができる三瓶木工館は、自然が溢れる林の中にあります。ひな祭りの季節となり、入口ロビーには繊細なトールペイントのお雛さまが飾られました。トールペイントとは、木製品にアクリル絵の具で装飾を施すアートクラフトのこと。15世紀後半にヨーロッパで始まり、20世紀にアクリル絵の具が完成されて以降、アメリカで人気を集めました。このほか、美しい木目の容器や動物たち...

Read more

【志学】 志学まちづくりセンター

多種多様のお雛さまが揃い、艶やかな「雛の間」と化した、三瓶温泉の里・志学まちづくりセンター内の和室。障子越しにやわらかな光があふれる中、それぞれのお人形が個性を際立たせる和みの空間が演出されています。およそ40年振りに姿を見せたという御殿飾りは、地域の家庭内に仕舞われていた昭和初期のもの。小さな御簾(みす)の向こうに、あどけないお顔のお内裏さまとお雛さまが並び、三人官女や髄身(ずいじん)、仕丁(し...

Read more

【志学】 児玉商店

地域の人々に親しまれる三瓶温泉の共同浴場「亀の湯」。その向かいで、お酒や食品・日用品などを取り扱う児玉商店には、たいへん希少な明治時代のお雛さまが飾られています。店のご主人によると、今回の「山のひな祭り」を機に、長らく蔵に仕舞われていた「ひなさま」と記された木箱から取り出されたもので、明治40年頃のものと推察されています。非常に軽く、長い年月を経ているにもかかわらずお顔がつややかに美しいことから、...

Read more

【池田】 池田まちづくりセンター

大田市街から三瓶に向かい、西の原へと至る手前、棚田が残る山里に佇む池田まちづくりセンター。ここには、少し珍しいお雛さまが飾られています。和室の床の間に、ふたつの御殿飾り。左側の御殿には、お内裏さまとお雛さまが仲睦ましく並びますが、右側の御殿には立派なヒゲをたくわえたお殿さまが一人だけ…。実はこちら、菅原道真公の姿をかたどった天神人形で、雛天神と呼ばれる男の子版の雛人形なのです。出雲地方では雛祭りに...

Read more

「さんべ・山のひな祭り」について

東西に長い島根県の、ほぼ中央に位置する三瓶山。大山火山帯に属する成層火山で、室の内と呼ばれる火口を囲み、標高1126mの男三瓶をはじめ、女三瓶、子三瓶、孫三瓶など6つの峰が環状に連なっています。冬は雪が深く、例年4月下旬になってようやく山開きが行われる通りに、春はゆっくりと訪れます。そんな三瓶の山々を望む山里の各地で、今回初めて「山のひな祭り」が始まりました。各家庭に受け継がれる明治時代や昭和初期のおひ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。